コレステロール量.com

「飽和脂肪酸」に要注意!

飽和脂肪酸は悪玉コレステロールをいちばん増やす

 

 食べ物に含まれるコレステロールより、悪玉(LDL)コレステロールを増やしてしまうのが、飽和脂肪酸です。肉の脂肪などにも多く、常温で白く固まるのが特徴です。

 

 日本人8344人を対象に調査したところ、男女ともに飽和脂肪酸の摂取量が増えるとLDLコレステロール値が高いことが分かりました。

 

 

コレステロール量

 

飽和脂肪酸を多く含む食材

 

 

コレステロール量

 

 卵は、100gあたりに含まれるコレステロールは420mgですが、それに加えて飽和脂肪酸が2840mgも含まれています。

 

 卵以外にもいろいろな食材に、飽和脂肪酸が含まれています。

 

 

 【飽和脂肪酸を多く含む食材例】

 

 ・豚バラ肉

 

 ・鶏皮

 

 ・ベーコン

 

 ・牛カルビ肉

 

 ・バター

 

 ・マーガリン

 

 ・生クリーム

 

 ・チーズ

 

 

 豚バラ肉の飽和脂肪酸は、実に卵の5倍以上にもなります。

 

 脂身の多い肉や乳製品などにも、飽和脂肪酸は多く含まれているので、肉料理より魚料理を増やすなど、食生活を工夫しましょう。 

 

 

Sponsored Link

 

 

食材・料理別 コレステロール量一覧リスト

 

主食

肉類

魚類

卵・大豆

コレステロール量

ごはん、麺、パンなど

コレステロール量

牛肉、豚肉、鶏肉など

コレステロール量

魚、刺身,魚介類など

コレステロール量

卵、大豆製品など

 

野菜・キノコ・海藻

油脂・乳製品・豆乳

ドリンク・お酒・調味料

お菓子・デザート

コレステロール量

かぼちゃ、しいたけなど

コレステロール量

油、牛乳など

コレステロール量

コーラ、調味料など

コレステロール量

和・洋菓子など

 

総合ランキング上位TOP100はこちら

 

トップページに戻る


ページ上部へ
page top