コレステロール量.com|約300品目のコレステロール量一覧表

【卵・大豆】コレステロール量の一覧

大豆 まとめ

【卵・卵加工品】

コレステロール量
(1個または1食あたり)
コレステロール量
(100gあたり)
鶏卵・生たまご(60g) 252mg 420mg
鶏卵・卵黄のみ(15.5g) 217mg 1400mg
鶏卵・卵白のみ(34.5g) 0.3mg 1mg
ゆで卵(44g) 189mg 430mg
温泉卵(41g) 172mg 420mg
卵豆腐(110g) 242mg 220mg
うずらの卵(12g) 47mg 392mg
うずらの卵・缶詰め(8g) 39mg 488mg
ピータン(64g) 435mg 680mg

 

【大豆】

大豆 コレステロール量
(1個または1食あたり)
コレステロール量
(100gあたり)
あずき 全粒 ゆで(50g) 0mg 0mg
いんげんまめ 全粒 ゆで(50g) 0mg 0mg
そらまめ 全粒 ゆで(50g) 0mg 0mg
木綿豆腐(50g) 0mg 0mg
絹ごし豆腐(50g) 0mg 0mg
おから 生(50g) 0mg 0mg

※参考 食品成分データベース(文部科学省)

まとめ

 

 卵類はコレステロール量がとても多い

 

 

コレステロール量

 

 卵は、悪玉コレステロールの数値が正常な人は、それほど気にしなくて良いですが、悪玉(LDL)コレステロール値が高い人は話が別です。

 

 コレステロールの多いほかの食材も食べることを考慮して卵は週に1〜2個程度を目安にしましょう。

 

コレステロール量

 

 2015年に食品中コレステロールの摂取基準の上限値が撤廃されたことで、「卵は関係ない、いくらたべてもいい」と誤解している人もいますが、卵にはコレステロールだけでなく、飽和脂肪酸も含まれているため、食べ過ぎれば確実に悪玉コレステロールに影響します。

 

 卵豆腐、茶わん蒸し、プリンなど、卵を使った加工品にも気を付けましょう。

 

 それに対し、大豆類はコレステロール量がほぼゼロです。

 

コレステロール量

 

 豆腐などの大豆・大豆製品には“レシチン”が含まれます。

 

 レシチンは油と水をなじませる乳化作用があり、血液中の脂質を血液にとかして排出を促すことから、LDLコレステロールや中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やす働きもあります。

 

 血中コレステロール値の高い人は、毎日の食事で納豆やおから、豆腐などの大豆・大豆製品を食べるようにしてレシチンをとりましょう。

 

 

Sponsored Link

 

主食

肉類

魚類

卵・大豆

コレステロール量

ごはん、麺、パンなど

コレステロール量

牛肉、豚肉、鶏肉など

コレステロール量

魚、刺身,魚介類など

コレステロール量

卵、大豆製品など


野菜・キノコ・海藻

油脂・乳製品・豆乳

ドリンク・お酒・調味料

お菓子・デザート

コレステロール量

かぼちゃ、しいたけなど

コレステロール量

油、牛乳など

コレステロール量

コーラ、調味料など

コレステロール量

和・洋菓子など


コレステロール量の総合ランキング

コレステロール値を下げるには!?

コレステロール

コレステロールを多く含む食材とは!?

コレステロール

コレステロール値を下げる生活習慣を!


 

トップページに戻る


ページ上部へ
page top